RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

山で使った体力の回復はどのくらいかかるのか?

昨日(11月14日)に札幌市内の藻岩山に3回登った。



3回登ったら疲れる。疲れる以上に痛い。



1回目はなんてことなかった。



2回目は、疲れた体のいたわり方がわかり、ゆっくりと登って何とかなった。股関節が痛いが下山には注意をはらった。



3回目は登山口(慈恵会病院登山口)の時から膝が痛かった、股関節も痛かった、足首も痛かった、足の甲も痛かった。



股関節が何か固まったような感じになり、ストレッチをしたくなった。



雪の降る、午後一時過ぎ、登山者など他に誰もいないし・・・



まあ、関取の「股割り」というか、両足を開いて、腰をぐっと落として・・・



何かを持ってないと、倒れるから、適当な切り株を見つけて、これをやる。



痛いけれど、気持ちが良い。



「ウウウッ~~」って声が出る。



でもこれは、人に見られると、ちょっとヤバイ格好!!  でも気持ちがいい。



最初から話が逸れてる。



一日寝ても、股関節は痛い、足の甲が痛い、膝も痛い。



今日は雪が朝から降っているが、降ってなくても、とても山に行きたい気持ちにならない、体の怠さ!



これが、いつなくなるのか・・・ 



登山の翌日。 「股割り」ストレッチを中心に、いろいろとストレッチをしてみる。 結果は・・・・・ 



今日(11月14日)は、翌日です。体全体が痛いです。ふしぶしがいたい。



でも、夕方・・・友達と近所の居酒屋に飲みに行くとき、遅刻しそうになって、長靴でズッタ、ズッタ雪道を走ってた。



てことは、回復してきてるってことだよなあ。 人間の体は回復する。






スポンサーサイト
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。