RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

自動運転自動車の時代

自動運転の自動車の開発に関して世界の自動車メーカーがしのぎを削っているということだ。
これは自動車の技術開発の延長線上の話ではないのではないか? というのが僕の第一印象。

運転者が後ろ向きに座って、同乗者と歓談しているうちに目的地に着くというコマーシャルが流れている。
素晴らしい。

もし、これが開発され、市販され、購入できたら何に使いたいか、またどんな使われ方があるか。

① 旅行に行く時、ペットの猫を実家に預けたい。そのとき、猫だけを車に乗せて、目的地を実家の住所に設定する。

② 小さな小さなチョロQみたいな自動運転車のレースを行う。

③ 死体を処分するために自動運転車に死体を乗せ、目的地を海に設定する輩がでてくる。

④ ISが自動運転車を手に入れたら、自爆テロに使う。 (目的地直前で自動停車するが・・・)

つまり、生きている人間が間違いなく自動運転自動車に乗車しているかどうかを確認するシステムが必要になってくるんだろうなあ。 このような事はまだ世間では議論されていないような気がする。

 でも、まずは市販される事を楽しみにしています。  メーカーさん!しっかりとした、このような分野の安全確認を行ってくださいね。
スポンサーサイト
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。