RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント
1:往復8時間はかかります by とおる on 2016/10/01 at 18:30:13 (コメント編集)

>標準タイムは旧道登り 2時間30分    新道下り 2時間10分


これは標準なんかじゃありませんよ。相当心肺機能が高い人のタイムです。
登り4時間、休憩1時間、下り3.5時間=往復8時間は掛かります。
距離はたいしたことないですが、渡渉に手間取りますから。

3:承認待ちコメント by on 2017/09/28 at 18:11:47

このコメントは管理者の承認待ちです

▼このエントリーにコメントを残す

   

斜里岳登山

登山の前日は義母のお見舞いに川湯温泉の病院へ行き、その後、妻の実家にお世話になる。
翌朝(登山日 8月5日)、実家を早朝出発。
8月5日の宿はすでに、清里町の「イーハトーブユースホステル」を予約済みである。

10年以上前、まだ健在だった愛犬「チーズ」と斜里岳に登ったことがある。
当時の記録はいっさい無い。写真1枚ない。
頭の中の記憶では、『途中で道を間違え、急登になり、チーズが登れず、抱き上げて登ったが、いくらなんでも急登過ぎると思い引き返してルートミスに気付いた』 という思い出があるのみ。
はたして、今回の記録を70歳になった自分があらためて見る事があるのだろうか?

今回は妻の希望もあり、また日本百名山の中の一座である事もあり、一緒に斜里岳を登ることにした。
コースは山小屋「清岳荘」を出発点とし、沢登りとなる旧道コースで登り、下りは尾根コースの新道コースで下山する。
標準タイムは旧道登り 2時間30分    新道下り 2時間10分

6時47分 登山口スタート 
7時52分 下二股分岐
9時32分 上二股分岐
10時06分 馬の背
10時40分 山頂    登り3時間53分
11時35分 下山開始
12時15分 上二股分岐
13時03分 熊見峠
13時54分 下二股分岐
15時00分 登山口着  下り3時間25分

標準タイムの登り1.6倍、下り1.6倍   けっこうかかった。

登山口 清岳荘前
8キロの林道の先に登山口。 広い駐車場と立派な山小屋「清岳荘」

すぐ沢になる
登山道はすぐに沢登りとなる。これから何度も沢を横断することになる。

上二股
ピンクの目印を頼りに沢を登って来た。沢の中を歩く必要はなし。

水連の滝
水連の滝

気持ちがいい沢
気持ちのいい沢 暑さを忘れてる。

水しぶき
この水しぶきが爽快!!

滝 名前は・・・?
滝の数が多すぎて、名前は記録なし。

途中の大岩 振り返ると清里の町
途中の大岩 振り返ると清里の街

滝の脇を登る
滝の脇の岩を登る。 この方とはのちに山頂で話をすることになる。

沢の水が次第に少なくなってきた。
沢の水がしだいに少なくなってきた。山頂が近付いている証拠。

上二股
上二股着 ここで沢とはお別れ。 大石のゴロゴロある急登が始まる。 写真どどころではなくなる。

馬の背
やっとこさ、馬の背にでる。写真奥の山頂を見て、意欲が失せそうになっていたところ、下山してきた男性から、「ここから山頂まで15分!」との一言。同じく同行していた女性からも「本当に16分程度で登れてしまった」の一言。
 あんなに遠くに見えるのに、15分なんだと!と思い直し、意欲が湧いてくる。
この男性からは、口の中にポッカレモンを チュッ っと水鉄砲のように入れてもらった。 酸っぱくて元気100倍
おにぎりも食べる。

馬の背を見降ろす
10分歩けば、今休んでいた馬の背があんなに下に見える。

山頂は目の前
山頂はもう目と鼻の先

登頂斜里岳
斜里岳に登頂 やったー!

山頂パノラマ 斜里岳
山頂パノラマ 肉眼では遠くに 摩周湖 屈斜路湖

P8050789.jpg
山頂パノラマ 東側

熊見峠
熊見峠  下山は新道コース(尾根道)を行く

このあと熊見峠から下二股まで急な坂を下り続け、「沢の音は聞こえども、姿見えず」状態がずっと続き、
「登りにこの新道コースを利用せず本当によかった!!」とつくづく思いました。

下山後、登山中に挨拶を交わしていた外国の青年に声をかけられ、「JRの清里駅」まで乗せてもらえないかのこと。
快諾。
 この青年はアメリカから韓国に英語教師として派遣されている方で、夏休みに精力的に日本を回っているよう。
今朝は清里駅から8キロの林道を歩いてきたとのこと。
 登山以外の荷物は駅近くの公園の隅においてきたとのことなので、その荷物のところまで行ってあげる。
よくもなあ、公園の隅にゴロっと荷物を置きっぱなしにして一日中登山していたもんだと思ったが、
「日本は安全」の一言。
 確かに結果的に安全でした。よかったね。

 イーハトーブユースでは個室をお願いしていたので、2段ベット二組が入っている部屋に妻と二人。
シャワーを浴びた後、街の居酒屋的食堂で夕食。送り迎えはYHの車にしていただきました。
無事、一日が終了。 よかったよかった。
スポンサーサイト
コメント
1:往復8時間はかかります by とおる on 2016/10/01 at 18:30:13 (コメント編集)

>標準タイムは旧道登り 2時間30分    新道下り 2時間10分


これは標準なんかじゃありませんよ。相当心肺機能が高い人のタイムです。
登り4時間、休憩1時間、下り3.5時間=往復8時間は掛かります。
距離はたいしたことないですが、渡渉に手間取りますから。

3:承認待ちコメント by on 2017/09/28 at 18:11:47

このコメントは管理者の承認待ちです

▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。