RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

風不死岳登山

羊蹄山登山より中二日あけて風不死岳に登ってきました。

まだ、ちょっとだけ体に違和感が残っているものの、何とかなると思って妻と二人で登りにいきました。

「『羊蹄山』に登れたんだっ!」て事が自信になって、「『風不死岳』なら何とかなる」と思ってしまう自分が面白いです。

体力が急につくわけ無いし、足もまだ痛いのに、何とかなるって思ってしまえる。

自信というのは人間にとって、ものすごく大きなものなんだなあって思います。

この自信過剰を阿弥陀様に指摘されたからかどうか・・・支笏湖まで車で走ると、山頂はしっかりと雲に覆われていました。

IMG_5352.jpg

でも天気は悪くなさそうだし、もちろん登ることにします。

08:35 樽前七合目ヒュッテ出発
09:06 樽前山・風不死岳分岐点
09:24 2つ目分岐点            登り2時間10分
09:34 風不死岳登山口
10:45 山頂着
11:15 山頂出発
12:14 風不死岳登山口          下り2時間
13:15 樽前七合目ヒュッテ到着

樽前七合目ヒュッテ駐車場へ。 既に10台以上の駐車。でも多くは樽前登山の車です(先発登山者の登山届がほとんど樽前山登山でした)。

樽前山に向かい林を抜けると、一気に視界が広がり樽前の裾のがれ場の向こうに支笏湖が広がります。
以前初めて風不死岳に登ったときは、この風景を見て、とっても感動したのですが、今回初めての妻もそのようでニコニコしています。
 北海道に初めて来た人に北海道らしい風景をお見せするときの風景にとってもいいんじゃないかな。
 写真はちょっと下手だけど・・・

IMG_5362.jpg
IMG_5356.jpg
    この写真じゃあまり良く見えないけれど、実際はもっともっとイイですよ!

登山届けを出してから1時間後に「風不死岳登山口到着です。
IMG_5375.jpg

登山口を過ぎてからは一気に雰囲気が変わり、大きな岩が登山道上に次から次に現れ、両手もしっかり使ってカンバって乗り越えていかなければなりません。高度をドンドン稼いで、眺めもよくなるハズです(笑)。実際は薄っすらとしたガスの中。
IMG_5381.jpg
IMG_5389.jpg
IMG_5398.jpg

頂上です。
IMG_5393.jpg
    ほとんど人は居ないはずだったのに、苔の洞門コースからの登山者がいっぱいいました。 展望がきかない分、人数の割には静かな山頂でした。

IMG_5391.jpg
    ほんの一瞬、支笏湖が見えました。 

「風不死岳」は何と言っても名前が素晴らしい! 風が死なないという表現もいいし、「死」の字が入っているのもいい。
「樽前山」の麓に広がる広~い台地の、花々はもうすでに冬を迎えるだけの状態です。沢山ある「シラタマノキ」のシラタマはもう既にありません。葉だけではなかなか判断できませんでした^^;。
 次回は初夏に来たいです。期待です(^^)。

IMG_5405.jpg
    シラタマの全くないシラタマノキ

IMG_5406.jpg

「よかったなあ!」と言いながら、自宅に向けて支笏湖畔を走っていると、
雲ひとつかかっていない「風不死岳」が秋の空に輝いていました。

IMG_5416.jpg


スポンサーサイト
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。